平成16年問18 設備・建物 界壁


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年

【問18】 共同住宅の各戸の界壁に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 界壁は、小屋裏又は天井裏に達していなければならない。
2 界壁の遮音性能に関する技術的基準では、振動数が低い音ほど、大きい数値の透過損失が求められている。
3 遮音性能を有する構造方法として認められるために必要な壁厚は、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨コンクリート造でそれぞれ異なっている。
4 気泡コンクリートを用いた界壁は、遮音性能を有する構造方法として認められていない。

【問18】 共同住宅の各戸の界壁に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 界壁は、小屋裏又は天井裏に達していなければならない
〇 各住戸を遮る壁。当然、天井まで達していて切り分けなければならない。
2 界壁の遮音性能に関する技術的基準では、振動数が低い音ほど、大きい数値の透過損失が求められている
× 振動数が低いと音は低くなり遮音しにくくなるため、小さい数値の透過損失でよい。高い音は遠くまで聞こえるが遮音しやすいし、低い音はあまり遠くまでは聞こえないが遮音しにくい。振動数が低い⇒振動数が多い⇒何かに触っても一緒に震える⇒遮音しにくい。
3 遮音性能を有する構造方法として認められるために必要な壁厚は、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨コンクリート造でそれぞれ異なっている。
× 全て同じである(10cm以上)
4 気泡コンクリートを用いた界壁は、遮音性能を有する構造方法として認められていない
× 認められている。音は振動であるため、壁と壁の間に空気の層があれば直接伝わらないためである。
正解 1

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年
SNSでも購読できます。