平成16年問14 簿記・会計 仕訳


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年

【問14】 管理組合の活動における以下の取引に関し、平成16年3月分の仕訳として正しいものは次のうちどれか。ただし、この管理組合の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとし、期中の取引において、企業会計原則に基づき厳格な発生主義によって経理しているものとする。

【問14】 管理組合の活動における以下の取引に関し、平成16年3月分の仕訳として正しいものは次のうちどれか。ただし、この管理組合の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとし、期中の取引において、企業会計原則に基づき厳格な発生主義によって経理しているものとする。

1、現金・当座預金などの位置を決める。
お金が増加するときは右側(借方)、減るときは左側(貸方)
理由  / 代金 200万円
2、相手側にその対応する勘定科目を決める。
理由を入れる。
原状回復工事 200万円  / 代金 200万円

3、必要なときは、現金の位置に入る勘定科目が(未払金・未収金)に代える。
現金が未発生(4月に払う予定)
工事 200万円  / 未払金 200万円

4、必要なときは、費用・収益に入る勘定科目が(前払金・前受金)に代える

理由が発生前

→特別な勘定科目を設定する
原状回復工事⇒修繕費

修繕費 200万円  / 未払金 200万円

5、仕訳の推定を行う

2月は現金が未発生、2月は理由が発生前

答え
修繕費 200万円  / 未払金 200万円


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年
SNSでも購読できます。