平成16年問1 民法 代理


管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年

【問 1】 Aが、代理権を有しないにもかかわらず、管理業者(マンションの管理の適正化の推進に関する法律(平成12年法律第149号。以下「マンション管理適正化法」という。)第2条第8号に規定するマンション管理業者をいう。以下同じ。)Bの代理人と称して、管理組合(マンション管理適正化法第2条第3号に規定する管理組合をいう。以下同じ。)Cとの間で管理委託契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1  Aの行為は無権代理行為であり、Bが追認をしても、BC間の管理委託契約が有効となることはない。
2  Cが管理委託契約を締結した当時、Aに代理権がないことを知らなかったときは、Bの追認がないかぎり、Cは管理委託契約を取り消すことができる。
3  CがBに対し、相当の期間を定めて、その期間内にAの無権代理行為を追認するか否かを確答すべき旨を催告した場合において、Bがその期間内に確答をしないときは、追認したものとみなされる。
4  Bが追認を拒絶した場合、CはAに対して損害賠償の請求をすることはできるが、契約の履行を請求することはできない。

【問 1】 Aが、代理権を有しないにもかかわらず、管理業者(マンションの管理の適正化の推進に関する法律(平成12年法律第149号。以下「マンション管理適正化法」という。)第2条第8号に規定するマンション管理業者をいう。以下同じ。)Bの代理人と称して、管理組合(マンション管理適正化法第2条第3号に規定する管理組合をいう。以下同じ。)Cとの間で管理委託契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1  Aの行為は無権代理行為であり、Bが追認をしても、BC間の管理委託契約が有効となることはない。
× 無権代理は、本人が追認すれば有効となる。
2  Cが管理委託契約を締結した当時、Aに代理権がないことを知らなかったときは、Bの追認がないかぎり、Cは管理委託契約を取り消すことができる
〇 無権代理の相手方は、善意のときはとりけすことはできる。
3  CがBに対し、相当の期間を定めて、その期間内にAの無権代理行為を追認するか否かを確答すべき旨を催告した場合において、Bがその期間内に確答をしないときは、追認したものとみなされる
× 本人が確答しないときは、追認を拒絶したものとみなされる。
4  Bが追認を拒絶した場合、CはAに対して損害賠償の請求をすることはできるが、契約の履行を請求することはできない。
× 無権代理の相手方が善意無過失のときは、無権代理人に対して履行の請求又は損害賠償の請求ができる。

正解 2

管理業務主任者(管業、業務主任)


年度別過去問 平成16年
SNSでも購読できます。