平成28年問37 賃貸管理総論 空き家と賃貸不動産管理の関係

賃貸不動産経営管理士(賃管)年度別過去問 平成28年 問37
【問37】空き家と賃貸不動産管理の関係に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 不動産の有効活用という問題に加え、周辺地域の防災や防犯等の観点からもさまざまな問題が生じていることを認識する必要がある。
2 賃貸不動産経営管理士は、空き家の現状や空き家政策の動向を注視し、空き家オーナーに対する最良のアドバイスができるよう研鎖することが期待される。
3 空家等対策の推進に関する特別措置法の適用対象となる特定空家等には、賃貸住宅が含まれないので、管理業者として独自の対応が必要である。
4 空き家の活用策には、転用も含まれるので、賃貸経営の経験がない空き家オーナーに対して管理業者として積極的に助言することが期待される。

賃貸不動産経営管理士(賃管)年度別過去問 平成28年 問37
【問37】空き家と賃貸不動産管理の関係に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 不動産の有効活用という問題に加え、周辺地域の防災や防犯等の観点からもさまざまな問題が生じていることを認識する必要がある。
○ 
2 賃貸不動産経営管理士は、空き家の現状や空き家政策の動向を注視し、空き家オーナーに対する最良のアドバイスができるよう研鎖することが期待される。
○ 
3 空家等対策の推進に関する特別措置法の適用対象となる特定空家等には、賃貸住宅が含まれないので、管理業者として独自の対応が必要である。
× 特定空家は客観的に判断され、抵当権や賃借権が設定されているかは関係ない。すなわち賃貸住宅でも特定空家になる可能性がある
4 空き家の活用策には、転用も含まれるので、賃貸経営の経験がない空き家オーナーに対して管理業者として積極的に助言することが期待される。
○ 
正解 3

賃貸不動産経営管理士(賃管)年度別過去問 平成28年 問37
SNSでも購読できます。