平成28年問03 賃貸管理総論 個人情報保護法

賃貸不動産経営管理士(賃管)年度別過去問 平成28年 問3
【問3】個人情報の保護に関する法律(以下、本問において「個人情報保護法」という。)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 個人情報保護法が適用される個人情報とは、広く個人一般に関する情報であって、当該情報により特定の個人を識別することができるものをいう。
2 個人情報保護法は、個人情報を取り扱うすべての事業者に対し、個人情報保護法で定める義務を課している。
3 個人情報取扱事業者は、あらかじめ本人の同意を得ずに、個人情報を第三者に提供することができない。
4 指定流通機構(レインズ)にアクセスできる業者は、自ら作成した個人情報データベースを保有していなくても、個人情報保護法による個人情報取扱事業者である。

賃貸不動産経営管理士(賃管)年度別過去問 平成28年 問3
【問3】個人情報の保護に関する法律(以下、本問において「個人情報保護法」という。)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 個人情報保護法が適用される個人情報とは、広く個人一般に関する情報であって、当該情報により特定の個人を識別することができるものをいう。
× 広く個人一般に関する情報が誤り。生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの
2 個人情報保護法は、個人情報を取り扱うすべての事業者に対し、個人情報保護法で定める義務を課している。
× 個人情報を取り扱うすべての事業者に対し一定の義務づけをしているものではない
3 個人情報取扱事業者は、あらかじめ本人の同意を得ずに、個人情報を第三者に提供することができない
× 原則は上記であるが、一定の事項をあらかじめ本人に通知等しているときは、個人データを第三者に提供することができる。
4 指定流通機構(レインズ)にアクセスできる業者は、自ら作成した個人情報データベースを保有していなくても、個人情報保護法による個人情報取扱事業者である。
○ ただし、自社で5,000件を保有していないような業者でも他人の大規模な個人情報データベース等を利用していれば個人情報取扱事業者に該当する。
正解 4

賃貸不動産経営管理士(賃管)年度別過去問 平成28年 問3
SNSでも購読できます。