平成27年問07 権利関係 抵当権

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成27年 問7
【問7】債務者Aが所有する甲土地には、債権者Bが一番抵当権(債権額2,000万円)、債権者Cが二番抵当権(債権額2,400万円)、債権者Dが三番抵当権(債権額4,000万円)をそれぞれ有しており、Aにはその他に担保権を有しない債権者E(債権額2,000万円)がいる。甲土地の競売に基づく売却代金5,400万円を配当する場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1 BがEの利益のため、抵当権を譲渡した場合、Bの受ける配当は0円である。
2 BがDの利益のため、抵当権の順位を譲渡した場合、Bの受ける配当は800万円である。
3 BがEの利益のため、抵当権を放棄した場合、Bの受ける配当は1,000万円である。
4 BがDの利益のため、抵当権の順位を放棄した場合、Bの受ける配当は1,000万円である。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成27年 問7

【問7】債務者Aが所有する甲土地には、債権者Bが一番抵当権(債権額2,000万円)、債権者Cが二番抵当権(債権額2,400万円)、債権者Dが三番抵当権(債権額4,000万円)をそれぞれ有しており、Aにはその他に担保権を有しない債権者E(債権額2,000万円)がいる。甲土地の競売に基づく売却代金5,400万円を配当する場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1番抵当:B(債権額2000万円)、配当2000万円
2番抵当:C(債権額2400万円)、配当2400万円
3番抵当:D(債権額4000万円)、配当1000万円
担保権を有しないE(債権額2000万円)

1 BがEの利益のため、抵当権を譲渡した場合、Bの受ける配当は0円である。
○ 以下に代わる。
1番抵当:E(債権額2000万円)、配当2000万円
2番抵当:C(債権額2400万円)、配当2400万円
3番抵当:D(債権額4000万円)、配当1000万円
担保権を有しないB(債権額2000万円) 
2 BがDの利益のため、抵当権の順位を譲渡した場合、Bの受ける配当は800万円である。
× 以下に代わる。すなわち配当なし
1番抵当:D(債権額2000万円)、配当2000万円
2番抵当:C(債権額2400万円)、配当2400万円
3番抵当:D(債権額2000万円)、配当1000万円
担保権を有しないB(債権額2000万円) 
担保権を有しないE(債権額2000万円) 
3 BがEの利益のため、抵当権を放棄した場合、Bの受ける配当は1,000万円である。
○ 
1番抵当:B(債権額2000万円)、配当2000万円
B(債権額2000万円)はBの配当2000万円担保権を有しないE(債権額2000万円) と債権額に応じて配当を受ける。
B=Bの配当2000万円×B(債権額2000万円)/(B(債権額2000万円)+E(債権額2000万円))=1000万円
E=Bの配当2000万円×E(債権額2000万円)/(B(債権額2000万円)+E(債権額2000万円))=1000万円 
2番抵当:C(債権額2400万円)、配当2400万円
3番抵当:D(債権額2000万円)、配当1000万円

4 BがDの利益のため、抵当権の順位を放棄した場合、Bの受ける配当は1,000万円である。
○ 
1番抵当:B(債権額2000万円)、配当2000万円+3番抵当:D(債権額2000万円)、配当1000万円
 B(債権額2000万円)はBの配当2000万円とDの配当1000万円をD(債権額4000万円) と債権額に応じて配当を受ける。
B=(Bの配当2000万円+Dの配当1000万円)×B(債権額2000万円)/(B(債権額2000万円)+D(債権額4000万円)=1000万円
D=(Bの配当2000万円+Dの配当1000万円)×D(債権額4000万円)/(B(債権額2000万円)+D(債権額4000万円))=2000万円
2番抵当:C(債権額2400万円)、配当2400万円

担保権を有しないE(債権額2000万円)

正解 2
宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成27年 問7
SNSでも購読できます。