平成26年問8 権利関係 不法行為

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成26年 問8
【問8】不法行為に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 不法行為による損害賠償請求権の期間の制限を定める民法第724条における、被害者が損害を知った時とは、被害者が損害の発生を現実に認識した時をいう。
2 不法行為による損害賠償債務の不履行に基づく遅延損害金債権は、当該債権が発生した時から10年間行使しないことにより、時効によって消滅する。
3 不法占拠により日々発生する損害については、加害行為が終わった時から一括して消滅時効が進行し、日々発生する損害を知った時から別個に消滅時効が進行することはない。
4 不法行為の加害者が海外に在住している間は、民法第724条後段の20年の時効期間は進行しない。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成26年 問8
【問8】不法行為に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 不法行為による損害賠償請求権の期間の制限を定める民法第724条における、被害者が損害を知った時とは、被害者が損害の発生を現実に認識した時をいう。

〇  

2 不法行為による損害賠償債務の不履行に基づく遅延損害金債権は、当該債権が発生した時から10年間行使しないことにより、時効によって消滅する。

×  遅延損害金債権も損害賠償と同様に考え、損害および加害者を知った時から3年、不法行為があったときから20年で時効消滅する。
3 不法占拠により日々発生する損害については、加害行為が終わった時から一括して消滅時効が進行し、日々発生する損害を知った時から別個に消滅時効が進行することはない。
×  日々発生する損害を知ったときから別個に消滅時効は進行する。

4 不法行為の加害者が海外に在住している間は、民法第724条後段の20年の時効期間は進行しない。

×  刑法の規定では類似の規定はあるが、民法においては海外にいても時効期間は進行する。

正解 1
宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成26年 問8
SNSでも購読できます。