平成25年問8 権利関係 修繕義務等

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成25年 問8

【問8】次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 倒壊しそうなA所有の建物や工作物について、Aが倒壊防止の措置をとらないため、Aの隣に住むBがAのために最小限度の緊急措置をとったとしても、Aの承諾がなければ、Bはその費用をAに請求することはできない。
2 建物所有を目的とする借地人は、特段の事情がない限り、建物建築時に土地に石垣や擁壁の設置、盛土や杭打ち等の変形加工をするには、必ず賃貸人の承諾を得なければならない。
3 建物の賃貸人が必要な修繕義務を履行しない場合、賃借人は目的物の使用収益に関係なく賃料全額の支払を拒絶することができる。
4 建物の賃貸人が賃貸物の保存に必要な修繕をする場合、賃借人は修繕工事のため使用収益に支障が生じても、これを拒むことはできない。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成25年 問8

【問8】次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 倒壊しそうなA所有の建物や工作物について、Aが倒壊防止の措置をとらないためAの隣に住むBがAのために最小限度の緊急措置をとったとしても、Aの承諾がなければBはその費用をAに請求することはできない
× 緊急事務管理となるため、その費用を請求できる。わからなくても普通に考えること。

第六百九十八条 管理者は、本人の身体、名誉又は財産に対する急迫の危害を免れさせるために事務管理をしたときは、悪意又は重大な過失があるのでなければ、これによって生じた損害を賠償する責任を負わない。

2 建物所有を目的とする借地人は、特段の事情がない限り、建物建築時に土地に石垣や擁壁の設置、盛土や杭打ち等の変形加工をするには、必ず賃貸人の承諾を得なければならない
× 必ずではなく、比較的自由に行うことができる。また擁壁の設置などは保存行為に該当すると考えられるため、賃貸人に不利になるような行為でもないためできる。
3 建物の賃貸人が必要な修繕義務を履行しない場合、賃借人は目的物の使用収益に関係なく賃料全額の支払を拒絶することができる。
× 修繕を要する箇所があるとしても、それが目的物件の利用、居住に著しい支障を生ずるものでない限り、賃料全部の支払を拒むことまではできない
4 建物の賃貸人が賃貸物の保存に必要な修繕をする場合、賃借人は修繕工事のため使用収益に支障が生じてもこれを拒むことはできない
〇 屋根の修理をするから、昼間は部屋にいないでくれって頼まれたらしょうがないでしょ。

第六百六条 賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。
 賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするときは、賃借人は、これを拒むことができない。
第六百七条 賃貸人が賃借人の意思に反して保存行為をしようとする場合において、そのために賃借人が賃借をした目的を達することができなくなるときは、賃借人は、契約の解除をすることができる。

正解 4

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成25年 問8
SNSでも購読できます。