平成25年問6 権利関係 連帯保証人・物上保証人

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成25年 問6

【問6】A銀行のBに対する貸付債権1,500万円につき、CがBの委託を受けて全額について連帯保証をし、D及びEは物上保証人として自己の所有する不動産にそれぞれ抵当権を設定していた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 CがA銀行に対して債権全額について保証債務を履行した場合、Cは、D及びEの各不動産に対する抵当権を実行して1,500万円を回収することができる。
2 A銀行がDの不動産の抵当権を実行して債権全額を回収した場合、DはCに対して、1,000万円を限度として求償することができる。
3 第三者がDの所有する担保不動産を買い受けた後、CがA銀行に対して債権全額を弁済した場合、Cは代位の付記登記をしなければ、当該第三者に対してA銀行に代位することができない。
4 Eの担保不動産を買い受けた第三者がA銀行に対して債権全額を弁済した場合、当該第三者は、cに対して、弁済した額の一部を求償することができる。

正解肢は(反転)であるが、この問題はこれ以上深入りしてほしくないため、あえて消しておきます。1〜3が解ければOK。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成25年 問6

【問6】A銀行のBに対する貸付債権1,500万円につき、CがBの委託を受けて全額について連帯保証をし、D及びEは物上保証人として自己の所有する不動産にそれぞれ抵当権を設定していた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

平成25年問6

1 CがA銀行に対して債権全額について保証債務を履行した場合、Cは、D及びEの各不動産に対する抵当権を実行して1,500万円を回収することができる。
× 保証人は頭数に応じた負担部分を有するため、1500万円÷3(C・D・E)=500万円分ずつの負担部分を有する。要するにCは1500万円のうち500万円だけ負担すればいいため、1000万円回収することができる。1500万円としている点が誤りである。

平成25年問6肢1

2 A銀行がDの不動産の抵当権を実行して債権全額を回収した場合、DはCに対して、1,000万円を限度として求償することができる。
× 肢1である通り、Cの負担部分は500万円であるため、1000万円を求償することはできない。

平成25年問6肢2

3 第三者がDの所有する担保不動産を買い受けたCがA銀行に対して債権全額を弁済した場合、Cは代位の付記登記をしなければ、当該第三者に対してA銀行に代位することができない
× 第三者が担保不動産を買い受けた後の全額弁済は付記登記は不要で当然に代位できる。これに対して、全額弁済後に第三者が担保不動産を買い受けた場合は、付記登記しなければならない。
これは弁済した後に第三者が誰に登記の抹消をしようと考えているかを見れば分かる。後者の場合だと付記登記がなければ抵当権者の欄にはAがそのまま乗っているか、抵当権自体が消滅してなくなっているかになっているはずなので、第三者は少なくとAが代位しているんだと考えることはできない。すなわち第三者がそれとわかるようにするためには付記登記が必要なのである。しかし今回は第三者が担保不動産を買い受けたときには左の図の�@の状態でその後にCが弁済して(�A)代位している(右図)ので、このときにCから物上保証人に連絡すればいいはずで付記登記はいらない(というかそもそも弁済前なので登記できない)。

平成25年問6肢3

4 Eの担保不動産を買い受けた第三者がA銀行に対して債権全額を弁済した場合、当該第三者は、cに対して、弁済した額の一部を求償することができる。
〇 以下の条文の第二項と第五項のどちらが採用されるかということで見解が分かれるところであるが、正解肢が4であると発表された通り第五項の通り、第三者は物上保証人であり代位できるとある以上、正解となる。
なおこの問題を過去問として解いている方はしないことをお勧めします。
(弁済による代位の効果)

第501条
前二条の規定により債権者に代位した者は、自己の権利に基づいて求償をすることができる範囲内において、債権の効力及び担保としてその債権者が有していた一切の権利を行使することができる。この場合においては、次の各号の定めるところに従わなければならない。
一 
二 第三取得者は、保証人に対して債権者に代位しない。
三 
四 
五 保証人と物上保証人との間においては、その数に応じて、債権者に代位する。ただし、物上保証人が数人あるときは、保証人の負担部分を除いた残額について、各財産の価格に応じて、債権者に代位する。
六 
平成25年問6肢4

正解 4

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成25年 問6
SNSでも購読できます。