平成23年問5 権利関係 債権譲渡

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問5
A【問5】 AがBに対して1,000万円の代金債権を有しており、Aがこの代金債権をCに譲渡した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1 AB間の代金債権には譲渡禁止特約があり、Cがその特約の存在を知らないことにつき重大な過失がある場合には、Cはこの代金債権を取得することはできない。

2 AがBに対して債権譲渡の通知をすれば、その譲渡通知が確定日付によるものでなくても、CはBに対して自らに弁済するように主張することができる。

3 BがAに対して期限が到来した1,000万円の貸金債権を有していても、AがBに対して確定日付のある譲渡通知をした場合には、BはCに譲渡された代金債権の請求に対して貸金債権による相殺を主張することができない。

4 AがBに対する代金債権をDに対しても譲渡し、Cに対する債権譲渡もDに対する債権譲渡も確定日付のある証書でBに通知した場合には、CとDの優劣は、確定日付の先後ではなく、確定日付のある通知がBに到着した日時の先後で決まる。


各画像をクリックするとリンクに行けます。



↑↓ 目指せ、宅建合格!応援1クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問5

【問5】 AがBに対して1,000万円の代金債権を有しており、Aがこの代金債権をCに譲渡した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1 AB間の代金債権には譲渡禁止特約があり、Cがその特約の存在を知らないことにつき重大な過失がある場合には、Cはこの代金債権を取得することはできない

〇 譲渡禁止特約があるとき、受譲者が善意無過失の時は対抗できない。問題では、善意重過失なので対抗可能。

2 AがBに対して債権譲渡の通知をすれば、その譲渡通知が確定日付によるものでなくても、CはBに対して自らに弁済するように主張することができる

〇 確定日付のある証書は第三者対抗要件であるので、なかったとしても当事者には対抗可能である

3 BがAに対して期限が到来した1,000万円の貸金債権を有していても、AがBに対して確定日付のある譲渡通知をした場合には、BはCに譲渡された代金債権の請求に対して貸金債権による相殺を主張することができない

× 相殺は遡及効があり、一度相殺適状に達すればその後になにか起こっても相殺可能である。

4 AがBに対する代金債権をDに対しても譲渡し、に対する債権譲渡もDに対する債権譲渡も確定日付のある証書でBに通知した場合には、CとDの優劣は、確定日付の先後ではなく、確定日付のある通知がBに到着した日時の先後で決まる。

〇 基準は相手方が誰にあげるかを特定したとき
正解 3

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問5

SNSでも購読できます。