平成23年問4 権利関係 抵当権 根抵当権

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問4
B【問4】 根抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 根抵当権者は、総額が極度額の範囲内であっても、被担保債権の範囲に属する利息の請求権については、その満期となった最後の2年分についてのみ、その根抵当権を行使することができる。

2 元本の確定前に根抵当権者から被担保債権の範囲に属する債権を取得した者は、その債権について根抵当権を行使することはできない。

3 根抵当権設定者は、担保すべき元本の確定すべき期日の定めがないときは、一定期間が経過した後であっても、担保すべき元本の確定を請求することはできない。

4 根抵当権設定者は、元本の確定後であっても、その根抵当権の極度額を、減額することを請求することはできない。
宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問4

【問4】 根抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 根抵当権者は、総額が極度額の範囲内であっても、被担保債権の範囲に属する利息の請求権については、その満期となった最後の2年分についてのみ、その根抵当権を行使することができる。

× 根抵当は普通抵当と違い、極度額の範囲内であれば満期となった利息も全額請求できる。

2 元本の確定前に根抵当権者から被担保債権の範囲に属する債権を取得した者は、その債権について根抵当権を行使することはできない

〇 根抵当は信頼関係で結ばれているため(継続契約なので信頼関係が大事でそれを裏切ったらいけないっていう考え方)、勝手に譲渡はできず譲渡しても取得者はその債権を行使できない。

3 根抵当権設定者は、担保すべき元本の確定すべき期日の定めがないときは、一定期間が経過した後であっても、担保すべき元本の確定を請求することはできない

× 定めがないときでも3年を経過すれば元本確定の請求を出せる。

4 根抵当権設定者は、元本の確定後であっても、その根抵当権の極度額を、減額することを請求することはできない

× 利害関係人の承諾があれば元本確定後でも極度額の変更は可能。
正解 2

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問4

SNSでも購読できます。