平成23年問10 権利関係 相続

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問10
S【問10】 AがBから事業のために、1,000万円を借り入れている場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 AとBが婚姻した場合、AのBに対する借入金債務は混同により消滅する。

2 AがCと養子縁組をした場合、CはAのBに対する借入金債務についてAと連帯してその責任を負う。

3 Aが死亡し、相続人であるDとEにおいて、Aの唯一の資産である不動産をDが相続する旨の遺産分割協議が成立した場合、相続債務につき特に定めがなくても、Bに対する借入金返済債務のすべてをDが相続することになる。

4 Aが死亡し、唯一の相続人であるFが相続の単純承認をすると、FがBに対する借入金債務の存在をしらなかったとしても、Fは当該借入金債務を相続する。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問10

S【問10】 AがBから事業のために、1,000万円を借り入れている場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

債権の分野においては親族であるなどのことは関係なく、他人又は債権者と債務者の関係で考えればよい。

1 AとBが婚姻した場合、AのBに対する借入金債務は混同により消滅する。

× 債権者と債務者の関係(当事者の関係)を維持し消滅しない

2 AがCと養子縁組をした場合、CはAのBに対する借入金債務についてAと連帯してその責任を負う。

× 養子縁組と連帯保証は全く別の契約である

3 Aが死亡し、相続人であるDとEにおいて、Aの唯一の資産である不動産をDが相続する旨の遺産分割協議が成立した場合、相続債務につき特に定めがなくても、Bに対する借入金返済債務のすべてをDが相続することになる。

× 財産の承継は、遺産分割協議でさだめられるので積極財産(資産)を承継したからと言って消極財産(借金など)を承継しなければいけないものではない

4 Aが死亡し、唯一の相続人であるFが相続の単純承認をすると、FがBに対する借入金債務の存在をしらなかったとしても、Fは当該借入金債務を相続する。

〇 単純承認は全ての権利義務を承継するので、知っていたかどうかは関係ない。
正解 4

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問10

SNSでも購読できます。