平成23年問1 権利関係 意思表示

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問1

S平成23年【問1】 A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約が締結された場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 Bは、甲土地は将来地価が高騰すると勝手に思い込んで売買契約を締結したところ、実際には高騰しなかった場合、動機の錯誤を理由に本件売買契約を取り消すことができる。 

2 Bは、第三者であるCから甲土地がリゾート開発される地域内になるとだまされて売買契約を締結した場合、AがCによる詐欺の事実を知っていたとしても、Bは本件売買契約を詐欺を理由に取り消すことはできない。

3 AがBにだまされたとして詐欺を理由にAB間の売買契約を取り消した後、Bが甲土地をAに返還せずにDに転売してDが所有権移転登記を備えても、AはDから甲土地を取り戻すことができる。

4 BがEに甲土地を転売した後に、AがBの強迫を理由にAB間の売買契約を取り消した場合には、EがBによる強迫につき知らなかったときであっても、AはEから甲土地を取り戻すことができる。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問1


S平成23年【問1】 A所有の甲土地につき、AとBとの間で売買契約が締結された場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 Bは、甲土地は将来地価が高騰すると勝手に思い込んで売買契約を締結したところ、実際には高騰しなかった場合、動機の錯誤を理由に本件売買契約を取り消すことができる。 
× 動機の錯誤は明示される必要があり、明示されていない以上錯誤にあたらない。
2 Bは、第三者であるCから甲土地がリゾート開発される地域内になるとだまされて売買契約を締結した場合、AがCによる詐欺の事実を知っていたとしても、Bは本件売買契約を詐欺を理由に取り消すことはできない
平成23年問1 2
× Aは詐欺の事実を知っているので、善意の第三者にあたらずBは取り消すことができる。
3 AがBにだまされたとして詐欺を理由にAB間の売買契約を取り消したBが甲土地をAに返還せずにDに転売してDが所有権移転登記を備えても、AはDから甲土地を取り戻すことができる。
× これは意思表示ではなく物権変動の問題。登記があるので対抗できなくなる
平成23年問1 3
4 BがEに甲土地を転売した後に、AがBの強迫を理由にAB間の売買契約を取り消した場合には、EがBによる強迫につき知らなかったときであっても、AはEから甲土地を取り戻すことができる。
〇 強迫は、善意悪意に関わらず対抗可能。

正解 4

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問1

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成23年 問1

SNSでも購読できます。