平成21年問5 権利関係 担保物件

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成21年 問5
【問5】 担保物権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 抵当権者も先取特権者も、その目的物が火災により焼失して債務者が火災保険請求権を取得した場合には、その火災保険金請求権に物上代位することができる。

2 先取特権も質権も、債権者と債務者との間の契約により成立する。

3 留置権は動産についても不動産についても成立するのに対し、先取特権は動産については成立するが不動産については成立しない。

4 留置権者は、善良な管理者の注意をもって、留置物を占有する必要があるのに対し、質権者は、自己の財産に対するのと同一の注意をもって、質物を占有する必要がある。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成21年 問5

【問5】 担保物権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 抵当権者も先取特権者も、その目的物が火災により焼失して債務者が火災保険請求権を取得した場合には、その火災保険金請求権に物上代位することができる

2 先取特権も質権も、債権者と債務者との間の契約により成立する。

× 約定担保物件(契約に基づいて発生する)は抵当権と質権、法定担保物件(勝手に発生する)は先取特権と留置権

3 留置権は動産についても不動産についても成立するのに対し、取特権は動産については成立するが不動産については成立しない

× 抵当権が動産に成立しない以外は、他の全ての担保物件は動産・不動産のどちらのも成立する。

4 留置権者は、善良な管理者の注意をもって、留置物を占有する必要があるのに対し、質権者は、自己の財産に対するのと同一の注意をもって、質物を占有する必要がある。

× 質権も留置権も、善管注意義務がある。
正解 1

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成21年 問5

SNSでも購読できます。