平成21年問2 権利関係 代理

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成21年 問2

S【問2】 AがA所有の土地の売却に関する代理権をBに与えた場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 Bが自らを「売主Aの代理人B」ではなく、「売主B」 と表示して、買主Cとの間で売買契約を締結した場合には、Bは売主Aの代理人として契約しているとCが知っていても、売買契約はBC間に成立する。

2 Bが自らを「売主Aの代理人B」と表示して買主Dとの間で締結した売買契約について、Bが未成年であったとしても、AはBが未成年であることを理由に取り消すことはできない。

3 Bは、自らが選任及び監督するのであれば、Aの意向にかかわらず、いつでもEを復代理人として選任して売買契約を締結させることができる。

4 Bは、Aに損失が発生しないのであれば、Aの意向にかかわらず、買主Fの代理人にもなって、売買契約を締結することができる。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成21年 問2


【問2】 AがA所有の土地の売却に関する代理権をBに与えた場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。
代理 成立
A・・・本人、B・・・代理人
1 Bが自らを「売主Aの代理人B」ではなく、「売主B」 と表示して、買主Cとの間で売買契約を締結した場合には、Bは売主Aの代理人として契約しているとCが知っていても、売買契約はBC間に成立する。
× 誤った顕名は、顕名なしと同様に処理する。すなわち、原則代理人との間で成立するが、例外として相手方が悪意又は有過失のときは本人との間で成立する
2 Bが自らを「売主Aの代理人B」と表示して買主Dとの間で締結した売買契約について、Bが未成年であったとしても、AはBが未成年であることを理由に取り消すことはできない
〇 代理人は未成年でもなれる。また制限行為能力者であることをもって取り消されない。(効果は本人に帰属するため)
3 Bは、自らが選任及び監督するのであれば、Aの意向にかかわらずいつでもEを復代理人として選任して売買契約を締結させることができる。
× 復代理人は、本人の承諾(又はやむをえない事由)があるときしか選任できない
4 Bは、Aに損失が発生しないのであれば、Aの意向にかかわらず買主Fの代理人にもなって、売買契約を締結することができる。
× 双方代理。原則、無効だが例外として本人の承諾(または単なる債務の履行)があれば有効
代理 双方代理2
A・・・本人、B・・・代理人、F・・・相手方
正解 2

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成21年 問2

SNSでも購読できます。