平成21年問10 権利関係 担保責任

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成21年 問10
【問10】 Aを売主、Bを買主として甲土地の売買契約を締結した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 A所有の甲土地にAが気付かなかった瑕疵 (かし) があり、その瑕疵については、Bも瑕疵であることに気づいておらず、かつ、気付かなかったことにつき過失がないような場合には、Aは瑕疵担保責任を負う必要はない。

2 BがAに解約手付を交付している場合、Aが契約の履行に着手していない場合であっても、Bが自ら履行に着手していれば、Bは手付を放棄して売買契約を解除することができない。

3 甲土地がAの所有地ではなく、他人の所有地であった場合には、AB間の売買契約は無効である。

4 A所有の甲土地に抵当権の登記があり、Bが当該土地の抵当権消滅請求をした場合には、Bは当該請求の手続が終わるまで、Aに対して売買代金の支払を拒むことができる。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成21年 問10

【問10】 Aを売主、Bを買主として甲土地の売買契約を締結した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 A所有の甲土地にAが気付かなかった瑕疵 (かし) があり、その瑕疵については、Bも瑕疵であることに気づいておらず、かつ、気付かなかったことにつき過失がないような場合には、Aは瑕疵担保責任を負う必要はない

× 売主は無過失責任であり、買主は善意無過失である必要がある。今回は買主は善意無過失であるので、売主は無過失責任(気付いていようが気付かなかったであろうが)を負う必要がある。

2 BがAに解約手付を交付している場合、Aが契約の履行に着手していない場合であっても、Bが自ら履行に着手していればBは手付を放棄して売買契約を解除することができない

× 手付は相手方が履行に着手するまでなら解除できる。Bが解除しようとするとき、Aは履行に着手していないので解約できる

3 甲土地がAの所有地ではなく、他人の所有地であった場合には、AB間の売買契約は無効である。

× 全部他人物売買。契約は有効に成立する。

4 A所有の甲土地に抵当権の登記があり、Bが当該土地の抵当権消滅請求をした場合には、Bは当該請求の手続が終わるまで、Aに対して売買代金の支払を拒むことができる
〇 抵当権消滅請求により、抵当権が実行され所有権を失う恐れがあるので代金を拒むことができる
正解 4

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成21年 問10

SNSでも購読できます。