平成18年問8 権利関係 債務不履行 同時履行の抗弁権

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問8

A【問8】 AはBとの間で、土地の売買契約を締結し、Aの所有権移転登記手続とBの代金の支払を同時に履行させることとした。決済約定日に、Aは所有権移転登記手続を行う債務の履行の提供をしたが、Bが代金債務につき弁済の提供をしなかったので、Aは履行を拒否した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1 Bは、履行遅滞に陥り、遅延損害金支払債務を負う。

2 Aは、一旦履行の提供をしているので、これを継続しなくても、相当の期間を定めて履行を催告し、その期間内にBが履行しないときは土地の売買契約を解除できる。

3 Aは、一旦履行の提供をしているので、Bに対して代金の支払を求める訴えを提起した場合、引換給付判決ではなく、無条件の給付判決がなされる。

4 Bが、改めて代金債務を履行するとして、自分振出しの小切手をAの所に持参しても、債務の本旨に従った弁済の提供とはならない。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問8


【問8】 AはBとの間で、土地の売買契約を締結し、Aの所有権移転登記手続とBの代金の支払を同時に履行させることとした。決済約定日に、Aは所有権移転登記手続を行う債務の履行の提供をしたが、Bが代金債務につき弁済の提供をしなかったので、Aは履行を拒否した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1 Bは、履行遅滞に陥り遅延損害金支払債務を負う
〇 一旦、Aが履行の提供をしている以上Bの債務不履行になる。
2 Aは、一旦履行の提供をしているので、これを継続しなくても、相当の期間を定めて履行を催告し、その期間内にBが履行しないときは土地の売買契約を解除できる。
〇 代金を支払わないことは無条件で履行遅滞になる(金銭債務の特則)。履行遅滞なので相当の期間を定めて催告し、履行がなければ解除できる。
3 Aは、一旦履行の提供をしているので、Bに対して代金の支払を求める訴えを提起した場合、引換給付判決ではなく、無条件の給付判決がなされる
× 双方とも履行期に達している以上、履行期以降は同時履行の関係になり引換給付判決(債務を同時に履行しなさいという判決)がでる。
4 Bが、改めて代金債務を履行するとして、自分振出しの小切手をAの所に持参しても、債務の本旨に従った弁済の提供とはならない
〇 自分振出しの小切手だと債務の弁済にならない(口座に預金がなくとも小切手帳に勝手に自分の名前が書いてあることもあるので)
なお、銀行振出し(口座に預金があることを銀行が証明している)小切手は債務の弁済になる
正解 3
1と2を判断できれば問題ないですよ〜。深入り注意

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問8

SNSでも購読できます。