平成18年問7 権利関係 保証

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問7

【問7】 A銀行のB社に対する貸付債権につき、Cは、B社の委託を受けその全額につき連帯保証するとともに、物上保証人として自己の所有する土地に担保設定している。DもB社の委託を受け全額につき連帯保証している。保証人各自の負担部分は平等である。A銀行とB、C及びDとの間にその他特段の約定はない。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1 Cが、A銀行に対して債権全額につき保証債務を履行した場合、その全額につきB社に対する求償権を取得する。

2 Cが、A銀行に対して債権全額につき保証債務を履行した場合、その半額につきDに対する求償権を取得する。

3 Cが、担保物の処分代金により、A銀行に対して債権の3分の2につき物上保証に基づく弁済をした場合、Cが取得するB社に対する求償権は、A銀行のB社に対する貸付債権に劣後する。

4 Dが、Aに対して債権全額につき保証債務を履行した場合、Cの物上保証の担保物件の価額相当額につきCに対する求償権を取得する。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問7


【問7】 A銀行のB社に対する貸付債権につき、CはB社の委託を受けその全額につき連帯保証するとともに、物上保証人として自己の所有する土地に担保設定している。DもB社の委託を受け全額につき連帯保証している。保証人各自の負担部分は平等である。A銀行とB、C及びDとの間にその他特段の約定はない。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
C・・・連帯保証人、物上代理人。D・・・連帯保証人
1 Cが、A銀行に対して債権全額につき保証債務を履行した場合、その全額につきB社に対する求償権を取得する。
〇 連帯保証人が全額弁済した場合、主たる債務者に対して全額を求償できる。
2 Cが、A銀行に対して債権全額につき保証債務を履行した場合、その半額につきDに対する求償権を取得する。
〇 連帯保証人が全額弁済した場合、他の連帯保証人に対して負担部分の割合だけ求償できる。
3 Cが、担保物の処分代金により、A銀行に対して債権の3分の2につき物上保証に基づく弁済をした場合、Cが取得するB社に対する求償権は、A銀行のB社に対する貸付債権に劣後する。
〇 弁済が完了すれば弁済をした者は債権者に代位して主たる債務者に求償できる。しかし、今回は弁済は完了しておらず債務は消滅していない。このときの求償については、債権者よりも保証人が同じ順位で追及できるわけもなく(債権者にしてみれば『俺と一緒に主たる債務者を責める前に保証人は俺に金返せ』と思う)債権者に劣後することになる。
4 Dが、Aに対して債権全額につき保証債務を履行した場合、Cの物上保証の担保物件の価額相当額につきCに対する求償権を取得する。
× 肢2の通り、保証債務の求償権の範囲は負担部分に応じて決まるため、担保物権の価額相当額ではない。
※3以外は連帯保証の基本問題。事例の複雑さに惑わされず落ち着いて解けば問題なし。
正解 4

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問7

SNSでも購読できます。