平成18年問5 権利関係 抵当権

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問5

【問5】 Aは、Bから借り入れた2,400万円の担保として第一順位の抵当権が設定されている甲土地を所有している。Aは、さらにCから1,600万円の金銭を借り入れ、その借入金全額の担保として甲土地に第二順位の抵当権を設定した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 抵当権の実行により甲土地が競売され3,000万円の配当がなされる場合、BがCに抵当権の順位を譲渡していたときは、Bに1,400万円、Cに1,600万円が配当され、BがCに抵当権の順位を放棄していたときは、Bに1,800万円、Cに1,200万円が配当される。

2 Aが抵当権によって担保されている2,400万円の借入金全額をBに返済しても、第一順位の抵当権を抹消する前であれば、Cの同意の有無にかかわらず、AはBから新たに2,400万円を借り入れて、第一順位の抵当権を設定することができる。

3 Bの抵当権設定後、Cの抵当権設定前に甲土地上に乙建物が建築され、Cが抵当権を実行した場合には、乙建物について法定地上権が成立する。

4 Bの抵当権設定後、Cの抵当権設定前にAとの間で期間を2年とする甲土地の賃貸借契約を締結した借主Dは、Bの同意の有無にかかわらず、2年間の範囲で、Bに対しても賃借権を対抗することができる。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問5


【問5】 Aは、Bから借り入れた2,400万円の担保として第一順位の抵当権が設定されている甲土地を所有している。Aは、さらにCから1,600万円の金銭を借り入れ、その借入金全額の担保として甲土地に第二順位の抵当権を設定した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 抵当権の実行により甲土地が競売され3,000万円の配当がなされる場合、BがCに抵当権の順位を譲渡していたときは、Bに1,400万円、Cに1,600万円が配当され、BがCに抵当権の順位を放棄していたときは、Bに1,800万円、Cに1,200万円が配当される。
〇 順位の譲渡では、1番抵当権者が譲渡した相手の抵当権者の後ろに行くためこの場合は、1番抵当権者と2番抵当権者の順位が入れ替わる。だから、Cが全額(1600万円)弁済を受け残り(1400万円)からBが弁済をうける。
順位の放棄では、同順位になる。そしてその中では一般債権と同じように、債権額に応じて按分される。このばあいは、B-2400万円:C-1600万円=3:2であるため、Bは3000万円×3/5=1800万円。Cは3000万円×2/5=1200万円である。
2 Aが抵当権によって担保されている2,400万円の借入金全額をBに返済しても、第一順位の抵当権を抹消する前であれば、Cの同意の有無にかかわらず、AはBから新たに2,400万円を借り入れて、第一順位の抵当権を設定することができる
× 債権を全額弁済すると抵当権自体は付従性により消滅する。だから、この後の登記の抹消のときに抵当権は抹消されるわけではない。消滅後に新たに抵当権を設定して第1順位を手に入れるためには当然、C(第1順位抵当権者)の同意が必要。
3 Bの抵当権設定後、Cの抵当権設定前に甲土地上に乙建物が建築され、Cが抵当権を実行した場合には、乙建物について法定地上権が成立する。
× 法定地上権が成立するかは、最初の抵当権が設定されたときを基準とする。これは、第1順位抵当権者が設定した当時は法定地上権は成立せず、第1順位抵当権者もそれを期待しているのと、第2順位抵当権者はそのことを登記によって確認して抵当権を打っているため。
4 Bの抵当権設定後Cの抵当権設定前にAとの間で期間を2年とする甲土地の賃貸借契約を締結した借主Dは、Bの同意の有無にかかわらず、2年間の範囲で、Bに対しても賃借権を対抗することができる
× 賃貸借が対抗できるかも最初の抵当権が設定されたときを基準とする。また短期賃貸借は廃止されている。この場合は抵当権設定後の賃借人であり、抵当権実行後は対抗できず6ヵ月明渡しを猶予されるにすぎない。
正解 1

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問5

SNSでも購読できます。