平成18年問3 権利関係 条件

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問3

B【問3】 Aは、Bとの間で、A所有の山林の売却について買主のあっせんを依頼し、その売買契約が締結され履行に至ったとき、売買代金の2%の報酬を支払う旨の停止条件付きの報酬契約を締結した。この契約において他に特段の合意はない。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1 あっせん期間が長期間に及んだことを理由として、Bが報酬の一部前払を要求してきても、Aには報酬を支払う義務はない。

2 Bがあっせんした買主Cとの間でAが当該山林の売買契約を締結しても、売買代金が支払われる前にAが第三者Dとの間で当該山林の売買契約を締結して履行してしまえば、Bの報酬請求権は効力を生ずることはない。

3 停止条件付きの報酬契約締結の時点で、既にAが第三者Eとの間で当該山林の売買契約を締結して履行も完了していた場合には、Bの報酬請求権が効力を生ずることはない。

4 当該山林の売買契約が締結されていない時点であっても、Bは停止条件付きの報酬請求権を第三者Fに譲渡することができる。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問3


【問3】 Aは、Bとの間で、A所有の山林の売却について買主のあっせんを依頼し、その売買契約が締結され履行に至ったとき、売買代金の2%の報酬を支払う旨の停止条件付きの報酬契約を締結した。この契約において他に特段の合意はない。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1 あっせん期間が長期間に及んだことを理由として、Bが報酬の一部前払を要求してきても、Aには報酬を支払う義務はない
〇 停止条件付き契約は、条件が達成したときに効力が発生する。条件が達していない以上、契約の効果はなく報酬も払う必要はない。
2 Bがあっせんした買主Cとの間でAが当該山林の売買契約を締結しても、売買代金が支払われる前にAが第三者Dとの間で当該山林の売買契約を締結して履行してしまえば、Bの報酬請求権は効力を生ずることはない
× 条件を達すると不利益を被る者が、条件を達することを妨げたときは条件は達したものとみなす。Aは故意に条件達成を妨害しているので条件は達したものとして報酬を請求できる。
3 停止条件付きの報酬契約締結の時点で、既にAが第三者Eとの間で当該山林の売買契約を締結して履行も完了していた場合には、Bの報酬請求権が効力を生ずることはない
〇 条件が達することはないので、無効となる。考え方としては瑕疵担保の全部不能の原始的不能に近い。
4 当該山林の売買契約が締結されていない時点であっても、Bは停止条件付きの報酬請求権を第三者Fに譲渡することができる。
〇 債権譲渡は原則自由に行うことができる。停止条件付き契約も同様である。
※事例形式の少し変則的な問題。正解肢は条件ではおなじみの問題だから正解肢の規定はおさえておくこと
正解 2

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問3

SNSでも購読できます。