平成18年問2 権利関係 代理

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問2

B【問2】 AはBの代理人として、B所有の甲土地をCに売り渡す売買契約をCと締結した。しかし、Aは甲土地を売り渡す代理権は有していなかった。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1 BがCに対し、Aは甲土地の売却に関する代理人であると表示していた場合、Aに甲土地を売り渡す具体的な代理権はないことをCが過失により知らなかったときは、BC間の本件売買契約は有効となる。

2 BがAに対し、甲土地に抵当権を設定する代理権を与えているが、Aの売買契約締結行為は権限外の行為となる場合、甲土地を売り渡す具体的な代理権がAにあるとCが信ずべき正当な理由があるときは、BC間の本件売買契約は有効となる。

3 Bが本件売買契約を追認しない間は、Cはこの契約を取り消すことができる。ただし、Cが契約の時において、Aに甲土地を売り渡す具体的な代理権がないことを知っていた場合は取り消せない。

4 Bが本件売買契約を追認しない場合、Aは、Cの選択に従い、Cに対して契約履行又は損害賠償の責任を負う。ただし、Cが契約の時において、Aに甲土地を売り渡す具体的な代理権はないことを知っていた場合は責任を負わない。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問2


B【問2】 AはBの代理人として、B所有の甲土地をCに売り渡す売買契約をCと締結した。しかし、Aは甲土地を売り渡す代理権は有していなかった。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

無権代理の問題です。
代理 表見代理1
B・・・本人、A・・・無権代理人、C・・・相手方

1 BがCに対し、Aは甲土地の売却に関する代理人であると表示していた場合、Aに甲土地を売り渡す具体的な代理権はないことをCが過失により知らなかったときは、BC間の本件売買契約は有効となる。
× 無効。表見代理が成立するためには、相手方の善意無過失が要求されるため肢では無効となる
2 BがAに対し、甲土地に抵当権を設定する代理権を与えているが、Aの売買契約締結行為は権限外の行為となる場合、甲土地を売り渡す具体的な代理権がAにあるとCが信ずべき正当な理由があるときは、BC間の本件売買契約は有効となる。
〇 表見代理。権限外の代理行為、かつ善意無過失で有効に成立
3 Bが本件売買契約を追認しない間は、Cはこの契約を取り消すことができる。ただし、Cが契約の時において、Aに甲土地を売り渡す具体的な代理権がないことを知っていた場合は取り消せない
〇 条文通り。原則、相手方は取り消すことができる。例外、相手方が悪意のとき(→逆説をとって、善意の時は相手方は取消ができる)
4 Bが本件売買契約を追認しない場合、Aは、Cの選択に従い、Cに対して契約履行又は損害賠償の責任を負う。ただし、Cが契約の時において、Aに甲土地を売り渡す具体的な代理権はないことを知っていた場合は責任を負わない
〇 条文通り。原則、相手方は責任追及できる。例外、相手方が悪意又は善意有過失のとき。(→相手方が善意無過失のときは責任追及可能)
3と4について
多くの受験生はカッコ書きの方で勉強しているので、条文通りとは言えテキストとは違う表現で出してこられれた本設問に対応できず落としてしまったようである。しかし、規定自体は合格者レベルでは知っていて当然のレベルである。なので勉強しているときは本文や原則だけでなく逆に言うと(立場が変わった場合)を考えながらする必要がある。ただし、この問題を見て条文をおさえよう(六法で勉強しよう)とは思わないこと
正解 1

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問2

SNSでも購読できます。