平成18年問11 権利関係 不法行為 相殺

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問11

【問11】 事業者Aが雇用している従業員Bが行った不法行為に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 Bの不法行為がAの事業の執行につき行われたものであり、Aに使用者としての損害賠償責任が発生する場合、Bには被害者に対する不法行為に基づく損害賠償責任は発生しない。

2 Bが営業時間中にA所有の自動車を運転して取引先に行く途中に前方不注意で人身事故を発生させても、Aに無断で自動車を運転していた場合、Aに使用者としての損害賠償責任は発生しない。

3 Bの不法行為がAの事業の執行につき行われたものであり、Aに使用者としての損害賠償責任が発生する場合、Aが被害者に対して売買代金債権を有していれば、被害者は不法行為に基づく損害賠償債権で売買代金債務を相殺することができる。

4 Bの不法行為がAの事業の執行につき行われたものであり、Aが使用者としての損害賠償責任を負担した場合、A自身は不法行為を行っていない以上、Aは負担した損害額の2分の1をBに対して求償できる。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問11


【問11】 事業者Aが雇用している従業員Bが行った不法行為に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 Bの不法行為がAの事業の執行につき行われたものであり、Aに使用者としての損害賠償責任が発生する場合、Bには被害者に対する不法行為に基づく損害賠償責任は発生しない
×  当然、加害者に責任は発生する。使用者は加害者と共に損害賠償義務を負っているだけで、被用者(加害者)は免責されないから
2 Bが営業時間中にA所有の自動車を運転して取引先に行く途中に前方不注意で人身事故を発生させても、Aに無断で自動車を運転していた場合、Aに使用者としての損害賠償責任は発生しない
× 故意または過失(前方不注意)により、相手に損害を出した者は不法行為責任を負う。また、使用者責任が発生するかは外形で判断する。営業時間中に営業者を運転しているのは、たとえ無断であっても外(被害者)から見れば仕事中に見えるため、使用者責任が発生する。
3 Bの不法行為がAの事業の執行につき行われたものであり、Aに使用者としての損害賠償責任が発生する場合、Aが被害者に対して売買代金債権を有していれば、被害者は不法行為に基づく損害賠償債権で売買代金債務を相殺することができる。
〇 代金債権と損害賠償債権は同種の債権であり、不法行為の相殺は被害者からは相殺はできる。
4 Bの不法行為がAの事業の執行につき行われたものであり、Aが使用者としての損害賠償責任を負担した場合、A自身は不法行為を行っていない以上、Aは負担した損害額の2分の1をBに対して求償できる。
× 使用者責任は、損害賠償の全額から使用者としての責任の額を控除して求償できるが、使用者としての責任の額が1/2と決まっているわけではなく、事件の内容を考慮して決まる。
正解 3

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成18年 問11

SNSでも購読できます。