平成17年問4 権利関係 時効 相殺

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成17年 問4

【問4】 Aが有する権利の消滅時効に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 Aが有する所有権は、取得のときから20年間行使しなかった場合、時効により消滅する。

2 AのBに対する債権を被担保債権として、AがB所有の土地に抵当権を有している場合、被担保債権が時効により消滅するか否かにかかわらず、設定時から10年が経過すれば、抵当権はBに対しては時効により消滅する。

3 AのCに対する債権が、CのAに対する債権と相殺できる状態であったにもかかわらず、Aが相殺することなく放置していたためにAのCに対する債権が時効により消滅した場合、Aは相殺することはできない。

4 AのDに対する債権について、Dが消滅時効の完成後にAに対して債務を承認した場合には、Dが時効完成の事実を知らなかったとしても、Dは完成した消滅時効を援用することはできない。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成17年 問4







【問4】 Aが有する権利の消滅時効に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 Aが有する所有権は、取得のときから20年間行使しなかった場合、時効により消滅する。
× 所有権は時効により消滅しない。時効のイメージとしては別の所有権が現所有権の上に乗っかり見えなくなる漢字に近い。
2 AのBに対する債権を被担保債権として、AがB所有の土地に抵当権を有している場合、被担保債権が時効により消滅するか否かにかかわらず設定時から10年が経過すれば、抵当権はBに対しては時効により消滅する。
× 抵当権は、被担保債権とともに消滅(付従性)する以外に単独では消滅しない。これは抵当権は通常の状態では実行される権利(抵当権の実行→競売)ではないため。
3 AのCに対する債権が、CのAに対する債権と相殺できる状態であったにもかかわらず、Aが相殺することなく放置していたためにAのCに対する債権が時効により消滅した場合、Aは相殺することはできない
× 相殺適状になった後、債権の一方が時効により消滅したときでも時効消滅した債権を使って相殺できる。
4 AのDに対する債権について、Dが消滅時効の完成後にAに対して債務を承認した場合には、Dが時効完成の事実を知らなかったとしても、Dは完成した消滅時効を援用することはできない
〇 時効の利益の放棄(債務の承認)を一度した後にそれを撤回し、時効を援用することはできない。
正解 4

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成17年 問4

SNSでも購読できます。