平成17年問3 権利関係 代理

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成17年 問3

A【問3】 買主Aは、Bの代理人Cとの間でB所有の甲地の売買契約を締結する場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

 ア       CがBの代理人であることをAに告げていなくても、Aがその旨を知っていれば、当該売買契約によりAは甲地を取得することができる。
 イ      Bが従前Cに与えていた代理権が消滅した後であっても、Aが代理権の消滅について善意無過失であれば、当該売買契約によりAは甲地を取得することができる。
 ウ       CがBから何らの代理権を与えられていない場合であっても、当該売買契約の締結後に、Bが当該売買契約をAに対して追認すれば、Aは甲地を取得することができる。

1 一つ

2 二つ

3 三つ

4 なし

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成17年 問3







A【問3】 買主Aは、Bの代理人Cとの間でB所有の甲地の売買契約を締結する場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

 ア       CがBの代理人であることをAに告げていなくてもAがその旨を知っていれば、当該売買契約によりAは甲地を取得することができる
〇 顕名なし。原則は代理人との間に成立するが、例外として相手方の悪意又は有過失があるときは本人との間で成立する
 イ      Bが従前Cに与えていた代理権が消滅した後であっても、Aが代理権の消滅について善意無過失であれば、当該売買契約によりAは甲地を取得することができる
〇 表見代理。無権代理人が代理権消滅後の代理人であり、相手方が善意無過失であるときは有効となる。
 ウ       CがBから何らの代理権を与えられていない場合であっても、当該売買契約の締結後に、Bが当該売買契約をAに対して追認すれば、Aは甲地を取得することができる
〇 本人が追認すれば有効となる
1 一つ

2 二つ

3 三つ

4 なし
正解 3

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成17年 問3

SNSでも購読できます。