平成15年問8 権利関係 債権譲渡

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成15年 問8

〔問8〕 Aは,Bに対して貸付金債権を有しており,Aはこの貸付金債権をCに対して譲渡した。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち誤っているものはどれか。

1 貸付金債権に譲渡禁止特約が付いている場合で,Cが譲渡禁止特約の存在を過失なく知らないとき,BはCに対して債権譲渡が無効であると主張することができない。

2 Bが債権譲渡を承諾しない場合,CがBに対して債権譲渡を通知するだけでは,CはBに対して自分が債権者であることを主張することができない。

3 Aが貸付金債権をDに対しても譲渡し,Cへは確定日付のない証書,Dへは確定日付のある証書によってBに通知した場合で,いずれの通知もBによる弁済前に到達したとき,Bへの通知の到達の先後にかかわらず,DがCに優先して権利を行使することができる。

4 Aが貸付金債権をEに対しても譲渡し,Cへは平成15年10月10日付,Eへは同月9日付のそれぞれ確定日付のある証書によってBに通知した場合で,いずれの通知もBによる弁済前に到達したとき,Bへの通知の到達の先後にかかわらず,EがCに優先して権利を行使することができる。


〔問8〕 Aは,Bに対して貸付金債権を有しており,Aはこの貸付金債権をCに対して譲渡した。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち誤っているものはどれか。
債権譲渡

債権者・・・A、債務者・・・B、譲受人・・・C
1 貸付金債権に譲渡禁止特約が付いている場合で,Cが譲渡禁止特約の存在を過失なく知らないときBはCに対して債権譲渡が無効であると主張することができない
〇 譲渡禁止特約は、譲受人が善意無過失のときは無効であることを債務者は主張できない。
2 Bが債権譲渡を承諾しない場合,CがBに対して債権譲渡を通知するだけでは,CはBに対して自分が債権者であることを主張することができない
〇 債権譲渡の通知は債権者(譲渡人)から債務者しかできないため、譲受人からしても何の効果もない。(債務者にとって譲受人はまだ見ず知らずの他人なので)
3 Aが貸付金債権をDに対しても譲渡し,Cへは確定日付のない証書,Dへは確定日付のある証書によってBに通知した場合で,いずれの通知もBによる弁済前に到達したとき,Bへの通知の到達の先後にかかわらずDがCに優先して権利を行使することができる

債権譲渡 確定日付のある通知
図のDが譲受人・B、Cが譲受人Aです。この場合は確定日付のある承諾とない承諾なので、対抗要件は確定日付のある承諾にしかなく(日付は関係ない)、Dが対抗できる。
4 Aが貸付金債権をEに対しても譲渡し,Cへは平成15年10月10日付,Eへは同月9日付のそれぞれ確定日付のある証書によってBに通知した場合で,いずれの通知もBによる弁済前に到達したとき,Bへの通知の到達の先後にかかわらずEがCに優先して権利を行使することができる
× どちらも確定日付があるので対抗要件をみたすので、次に債務者への到達の先後によって決まる。到達が分からない以上EがCに優先できるとは限らない。
債権譲渡 H15問8

正解 4

SNSでも購読できます。