平成15年問6 権利関係 抵当権 普通抵当権 根抵当権

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成15年 問6

D〔問6〕 普通抵当権と元本確定前の根抵当権に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。

1 普通抵当権でも,根抵当権でも,設定契約を締結するためには,被担保債権を特定することが必要である。

2 普通抵当権でも,根抵当権でも,現在は発生しておらず,将来発生する可能性がある債権を被担保債権とすることができる。

3 普通抵当権でも,根抵当権でも,被担保債権を譲り受けた者は,担保となっている普通抵当権又は根抵当権を被担保債権とともに取得する。

4 普通抵当権でも,根抵当権でも,遅延損害金については,最後の2年分を超えない利息の範囲内で担保される。


〔問6〕 普通抵当権と元本確定前の根抵当権に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。
普通抵当と根抵当の比較問題。普通抵当を基準としてあり、普通抵当の部分はすべて正しいので最低限そのことはわかるように。被担保債権とは、担保されている債権。すなわちどの債権の担保になっているかを示す。
1 普通抵当権でも,根抵当権でも,設定契約を締結するためには,被担保債権を特定することが必要である。
× 根抵当権の被担保債権は特定されている必要はない。根抵当権は、被担保債権の範囲を特定している債権だからである(例えば、『H24.12.1までの借金を担保する』ってしておけば、10/1にした借金も8/1にした借金もどっちも担保されるでしょってこと)
2 普通抵当権でも,根抵当権でも,現在は発生しておらず,将来発生する可能性がある債権を被担保債権とすることができる
◯ 根抵当権は性質上将来発生する債権のために設定するので◯。普通抵当も現在発生していなくても、条件や期限により将来発生する可能性があるものは設定できるとしている。
3 普通抵当権でも,根抵当権でも被担保債権を譲り受けた者は,担保となっている普通抵当権又は根抵当権を被担保債権とともに取得する
× 根抵当は譲渡することができない。譲渡しても随伴しない。
4 普通抵当権でも,根抵当権でも遅延損害金については,最後の2年分を超えない利息の範囲内で担保される。
× 根抵当は極度学の範囲内であれば、遅延損害金の利息はいくらでも請求できる。
この問題はでてきたときは、Dだったけど今やったらBくらいまではいきそうです。過去問の類題で出てきている範囲なので、苦手な規定でも捨てることはせず過去問の主要な所くらいはおさえておこう。
正解 4 

SNSでも購読できます。