平成14年問8 権利関係 債務不履行 解除

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成14年 問8

B〔問8〕 Aは,A所有の土地を,Bに対し,1億円で売却する契約を締結し,手付金として1,000万円を受領した。Aは,決済日において,登記及び引渡し等の自己の債務の履行を提供したが,Bが,土地の値下がりを理由に残代金を支払わなかったので,登記及び引渡しはしなかった。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち誤っているものはどれか。

1 Aは,この売買契約を解除せず,Bに対し,残代金の支払を請求し続けることができる。

2 Aは,この売買契約を解除するとともに,Bに対し,売買契約締結後解除されるまでの土地の値下がりによる損害を理由として,賠償請求できる。

3 Bが,AB間の売買契約締結後,この土地をCに転売する契約を締結していた場合で,Cがやはり土地の値下がりを理由としてBに代金の支払をしないとき,Bはこれを理由として,AB間の売買契約を解除することはできない

4 Bが,AB間の売買契約締結後,この土地をCに転売する契約を締結していた場合,Aは,AB間の売買契約を解除しても,Cのこの土地を取得する権利を害することはできない。 



〔問8〕 Aは,A所有の土地を,Bに対し,1億円で売却する契約を締結し,手付金として1,000万円を受領した。Aは,決済日において,登記及び引渡し等の自己の債務の履行を提供したが,Bが,土地の値下がりを理由に残代金を支払わなかったので,登記及び引渡しはしなかった。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち誤っているものはどれか。

1 Aは,この売買契約を解除せず,Bに対し,残代金の支払を請求し続けることができる。
〇 債務不履行は、解除せずに履行の請求ができる。
2 Aは,この売買契約を解除するとともに,Bに対し,売買契約締結後解除されるまでの土地の値下がりによる損害を理由として,賠償請求できる。
〇  債務不履行は、解除と損害賠償を同時に請求することも可能である
3 Bが,AB間の売買契約締結後,この土地をCに転売する契約を締結していた場合で,Cがやはり土地の値下がりを理由としてBに代金の支払をしないとき,Bはこれを理由としてAB間の売買契約を解除することはできない
〇 BC間の契約とAB間の契約は別物であり、Cの債務不履行はBC間での解除事由にはなるがAB間には影響を及ぼさない
4 Bが,AB間の売買契約締結後,この土地をCに転売する契約を締結していた場合,Aは,AB間の売買契約を解除しても,Cのこの土地を取得する権利を害することはできない。 
× 解除前の第三者。解除前の第三者では、登記によって権利を決めるので登記があればCが取得し登記がAにあればAが取得するため、Cは手に入らない可能性もある。
正解 4

SNSでも購読できます。