平成14年問11 権利関係 不法行為 監督者責任

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成14年 問11

〔問11〕 Aの被用者Bと,Cの被用者Dが,A及びCの事業の執行につき、共同してEに対し不法行為をし,A,B,C及びDが,Eに対し損害賠償を負担した場合に関する次の記述は,民法の規定及び判例によれば,誤っているものはどれか。

1 Aは,Eに対するBとDの加害割合が6対4である場合は,Eの損害全額の賠償請求に対して,損害の6割に相当する金額について賠償の支払をする責任を負う。

2 Aが,自己の負担部分を超えて,Eに対し損害を賠償したときは,その超える部分につき,Cに対し,Cの負担部分の限度で求償することができる。

3 Aは,Eに対し損害賠償債務を負担したことに基づき損害を被った場合は,損害の公平な分担という見地から信義則上相当と認められる限度において,Bに対し,損害の賠償又は求償の請求をすることができる。

4 Dが,自己の負担部分を超えて,Eに対し損害を賠償したときは,その超える部分につき,Aに対し,Aの負担部分の限度で求償することができる。 



〔問11〕 Aの被用者Bと,Cの被用者Dが,A及びCの事業の執行につき、共同してEに対し不法行為をし,A,B,C及びDが,Eに対し損害賠償を負担した場合に関する次の記述は,民法の規定及び判例によれば,誤っているものはどれか。

1 Aは,Eに対するBとDの加害割合が6対4である場合は,Eの損害全額の賠償請求に対して,損害の6割に相当する金額について賠償の支払をする責任を負う
× 不真正連帯債務。不法行為責任は連帯債務なので、全額請求されると全額払うしかなく、その後に他の連帯債務者に求償できる。
2 Aが,自己の負担部分を超えて,Eに対し損害を賠償したときは,その超える部分につき,Cに対し,Cの負担部分の限度で求償することができる。
〇 肢1参照
3 Aは,Eに対し損害賠償債務を負担したことに基づき損害を被った場合は,損害の公平な分担という見地から信義則上相当と認められる限度において,Bに対し,損害の賠償又は求償の請求をすることができる。
〇 AはBを雇用しているので責任はあるが、Bが加害者であることには変わりなくBの方にも責任はある。だから、AはBの責任の分は賠償又は求償できる。
4 Dが,自己の負担部分を超えて,Eに対し損害を賠償したときは,その超える部分につき,Aに対し,Aの負担部分の限度で求償することができる。 
〇 肢3同様に、他の連帯債務者に求償できる。
ABCDそれぞれ責任があるので賠償もそれぞれに負担部分がある。
正解 1

SNSでも購読できます。