平成13年問8 権利関係 代理

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成13年 問8

〔問8〕 Aが,B所有の建物の売却(それに伴う保存行為を含む。 )についてBから代理権を授与されている場合に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。

1 Aが,Bの名を示さずCと売買契約を締結した場合には,Cが,売主はBであることを知っていても,売買契約はAC間で成立する。

2 Aが,買主Dから虚偽の事実を告げられて売買契約をした場合でも,Bがその事情を知りつつAに対してDとの契約を指図したものであるときには,BからDに対する詐欺による取消はできない。

3 Aが,買主を探索中,台風によって破損した建物の一部を,Bに無断で第三者に修繕させた場合,Bには,修繕代金を負担する義務はない。

4 Aは,急病のためやむを得ない事情があってもBの承諾がなければ,さらにEを代理人として選任しBの代理をさせることはできない。


〔問8〕 Aが,B所有の建物の売却(それに伴う保存行為を含む。 )についてBから代理権を授与されている場合に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。

1 Aが,Bの名を示さずCと売買契約を締結した場合には,Cが,売主はBであることを知っていても,売買契約はAC間で成立する。
× 顕名なし。原則、代理人(A)と売主(C)の間で成立。例外、相手方の悪意又は有過失は本人(B)と相手方(C)との間で成立
2 Aが,買主Dから虚偽の事実を告げられて売買契約をした場合でも,Bがその事情を知りつつAに対してDとの契約を指図したものであるときには,BからDに対する詐欺による取消はできない
〇 代理行為の瑕疵。原則、代理人基準で判断。例外、本人が事情を知りつつ代理人に指図をしたときは本人基準で判断。今回は例外規定に該当するので詐欺ではあるが取り消せない。
3 Aが,買主を探索中,台風によって破損した建物の一部を,Bに無断で第三者に修繕させた場合,Bには,修繕代金を負担する義務はない
× 権限の定めのない代理人。代理人は、保存・利用・改良行為ができる。破損した建物の修繕は保存行為に該当するので、代金は当然負担しなければならない
4 Aは,急病のためやむを得ない事情があってもBの承諾がなければ,さらにEを代理人として選任しBの代理をさせることはできない。
× 復代理人の選任。原則、自由には選任できない。例外、やむを得ない事由、又は本人の承諾があれば選任できる。例外規定に該当するが、どちらか一方があればよいので誤り。
正解 2

SNSでも購読できます。