平成13年問3 権利関係 所有権 囲繞地通行権

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成13年 問3

〔問3〕 A所有の甲地は袋地で,Aが所有していない回りの士地(囲繞地)を通る通路を開設しなければ公道に出ることができない。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち正しいものはどれか。

1 Aは,囲繞地の所有者に代償を支払えば,自己の意思のみによって通行の場所及び方法を定め,囲繞地に通路を開設することができる。

2 Bが,Aから甲地を譲り受けた場合には,Bは,所有権移転の登記を完了しないと,囲繞地に通路を開設することができない。

3 甲地が,A及びCの共有地の分割によって袋地となったときには,Aは,Cが所有する分割後の残余地にしか通路を開設することができない。

4 甲地が,D所有の土地を分筆してAに売却した結果,袋地になった場合で,Dが,甲地の譲渡後その残余地である乙地をEに売却したときには,Aは乙地に通路を開設することができない。 


〔問3〕 A所有の甲地は袋地で,Aが所有していない回りの士地(囲繞地)を通る通路を開設しなければ公道に出ることができない。この場合,民法の規定及び判例によれば,次の記述のうち正しいものはどれか。

1 Aは,囲繞地の所有者に代償を支払えば自己の意思のみによって通行の場所及び方法を定め,囲繞地に通路を開設することができる。
× Aは代償を支払えば当然に通路を開設できる。ただし、場所及び方法は相手の邪魔にならないように最低の方法によらなければならない。
2 Bが,Aから甲地を譲り受けた場合には,Bは,所有権移転の登記を完了しないと,囲繞地に通路を開設することができない
× 登記がなくても所有者であれば囲繞地に当然に通路を開設できる。 
3 甲地が,A及びCの共有地の分割によって袋地となったときには,Aは,Cが所有する分割後の残余地にしか通路を開設することができない
〇 分割によってできた囲繞地、もとあった残余地にしか通路を開設できない。この場合は、代償もする必要ない。これは、分割の段階で袋地を考慮して分割すべきだから。
4 甲地が,D所有の土地を分筆してAに売却した結果,袋地になった場合で,Dが,甲地の譲渡後その残余地である乙地をEに売却したときには,Aは乙地に通路を開設することができない。 
× 肢3の規定のつづき。Dは袋地になっていることを考慮すべきであるので、その譲受人に対してもAは囲繞地通行権を主張できる。 
囲繞地通行権は、所有者に当然に認められている権利。通行地役権と分けて考えること。 
正解 3

SNSでも購読できます。