平成28年問29 宅建業法 規制

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成28年 問29
難易度:S(簡単で確実に点数にする)

S【問29】組合せ問題 業務の規制

【問29】宅地建物取引業者Aの業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に違反するものの組合せはどれか。
ア Aは、マンションを分譲するに際して案内所を設置したが、売買契約の締結をせず、かつ、契約の申込みの受付も行わない案内所であったので、当該案内所に法第50条第1項に規定する標識を掲示しなかった。
イ Aは、建物の売買の媒介に際し、買主に対して手付の貸付けを行う旨を告げて契約の締結を勧誘したが、売買は成立しなかった。
ウ Aは、法第49条の規定によりその事務所ごとに備えるべきこととされている業務に関する帳簿について、取引関係者から閲覧の請求を受けたが、閲覧に供さなかった。
エ Aは、自ら売主となるマンションの割賦販売の契約について、宅地建物取引業者でない買主から賦払金が支払期日までに支払われなかったので、直ちに賦払金の支払の遅延を理由として契約を解除した。
1 ア、イ
2 ア、ウ
3 ア、イ、エ
4 イ、ウ、エ

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成28年 問29

S【問29】組合せ問題 業務の規制

【問29】宅地建物取引業者Aの業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に違反するものの組合せはどれか。
 Aは、マンションを分譲するに際して案内所を設置したが、売買契約の締結をせず、かつ、契約の申込みの受付も行わない案内所であったので、当該案内所に法第50条第1項に規定する標識を掲示しなかっ
× 申込をしない案内所にも、標識は必要。
 Aは、建物の売買の媒介に際し、買主に対して手付の貸付けを行う旨を告げて契約の締結を勧誘したが、売買は成立しなかった。
× 手付の貸付け等の契約の誘引は、宅建業法に反する。また、それらは契約が成立せずとも行った時点で違反する。
ウ Aは、法第49条の規定によりその事務所ごとに備えるべきこととされている業務に関する帳簿について、取引関係者から閲覧の請求を受けたが、閲覧に供さなかった
○ 取引関係者から請求があったとき、従業員名簿は閲覧させなければいけないが、帳簿は閲覧させる必要はない。
 Aは、自ら売主となるマンションの割賦販売の契約について、宅地建物取引業者でない買主から賦払金が支払期日までに支払われなかったので、直ちに賦払金の支払の遅延を理由として契約を解除した。
× 1カ月以上の期間を定め催告し、その間に履行がないときに解除できる。
1 ア、イ
2 ア、ウ
3 ア、イ、エ
4 イ、ウ、エ
正解 3
宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成28年 問29
SNSでも購読できます。