平成28年問10 権利関係 相続

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成28年 問10
難易度:A(確実に点数にする)

A【問10】相続の承認と放棄

【問10】甲建物を所有するAが死亡し、相続人がそれぞれAの子であるB及びCの2名である場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
1 Bが甲建物を不法占拠するDに対し明渡しを求めたとしても、Bは単純承認をしたものとはみなされない。
2 Cが甲建物の賃借人Eに対し相続財産である未払賃料の支払いを求め、これを収受領得したときは、Cは単純承認をしたものとみなされる。
3 Cが単純承認をしたときは、Bは限定承認をすることができない。
4 Bが自己のために相続の開始があったことを知らない場合であっても、相続の開始から3か月が経過したときは、Bは単純承認をしたものとみなされる。

宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成28年 問10

A【問10】相続の承認と放棄

【問10】甲建物を所有するAが死亡し、相続人がそれぞれAの子であるB及びCの2名である場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
1 Bが甲建物を不法占拠するDに対し明渡しを求めたとしても、Bは単純承認をしたものとはみなされない
2 Cが甲建物の賃借人Eに対し相続財産である未払賃料の支払いを求め、これを収受領得したときは、Cは単純承認をしたものとみなされる
3 Cが単純承認をしたときは、Bは限定承認をすることができない
○ 限定承認は全員でする必要があるため、相続人の一人が単純承認すると限定承認できなくなる。
4 Bが自己のために相続の開始があったことを知らない場合であっても、相続の開始から3か月が経過したときは、Bは単純承認をしたものとみなされる。
× 相続人は、相続の開始を知った時から3カ月を経過すると、単純承認したものとみなされる。すなわち、知らない以上、単純承認することもない。
正解 4
宅地建物取引士(宅建)年度別過去問 平成28年 問10
SNSでも購読できます。