試験期(1カ月前)の勉強法

とうとう1カ月前になりました。この時期の勉強は基本は2カ月前の勉強と変わりませんが、少し変更が加えられます。

完璧な問題はしない

A 完璧に分かる
B 何となく分かる
C 全く分からない
この時点でほとんど間違わない問題は、これから先でも間違えるようになる事もないため、やらない方が良いでしょう。はっきり言って時間の無駄です。問題集や年度別過去問には大きく×印を書いておくと良い目印になります。

分からない問題は覚えれば良い
今までの勉強は忘れない勉強であったため、知識の整理や理解が中心でした。しかし、整理や理解をしておかなくても1カ月程度なら忘れませんので、わざわざ時間を使う意味がなくなります(またこの段階で理解できないのは、相当に苦手な規定ですので理解するのも難しいです)。

苦手ノートを作りとにかく暗記
残り1カ月で行った勉強で間違った問題やまとめた規定は、とにかく1冊の苦手ノートに記入していくと良いでしょう。そして、それを朝起きた時や夜寝る前に何度も読みましょう。すると、どんどん記憶していく事が出来ます。
模試を買って実践練習
年度別過去問を何度も解いていくと、どうしても覚えてしまうため新しい効果を得る事が難しくなります。そこで模試をしてみましょう。
模試は年度別過去問とほぼ同じ目的ですが、追加の目的に実践練習がありません。緊張・時間配分・捨て問の切り方(時間)・マークシート等いろいろ試してみましょう。また法改正部分や今年のトレンド等の過去問では反映されにくいものの練習にもなります。
SNSでも購読できます。